売掛金の消し込みとは何かしくみをよく理解した上で上手に利用しよう

男女

品物と入金確認

男女

ネットショップやお客様とのお取引の件数が多ければ多いほど、入金処理は複雑なものとなります。お客様は一個人なので、入金日などの支払いはまちまち、売り上げが高くなればなるほど扱う処理も増え、トラブルも増えていきます。入金処理を手作業で行うと、どうしても人間なので作業ミスがおこってしまうかもしれません。入力間違いや入金確認、など作業は迅速かつ確実に行わなければいけないので、ミスをしてしまうと大問題になる可能性もあります。それらをよりスムーズに行いたいと思うことはありませんか。まずそのためには入金等などの仕組みを理解する事が重要となります。入金消し込みというのは、お客様が注文を完了すると自然と売り上げは計上されますが、まだ入金がされていない状態のときにこの注文は売掛金となります。そして、お客様が入金をしたら売掛金ではなくなりますので、売掛金としてのデータを削除する事になります。この作業の事を入金消し込みといいます。数ある品物の中で、注文は確定されているが、まだ未入金の品物は何なのか、消し込みが行われていない商品を管理するようにしなければいけません。またお客様の支払い方法の違いによって対応手段を変えていかなければいけません。クレジットカード払い、コンビニ決済では注文番号や顧客データが発生し、入金データとセットで管理する必要があります。銀行振り込みの場合はまた特殊で、振り込み時にお客様自身に金額を入力するため、入力の間違いがよく発生します。それらの理由から、この売掛金を簡単に消し込みするには専用の決済サービスを利用するとスムーズになります。

婦人

情報管理が便利になる

CRMシステムは、従来で行なっていた手描きのファイル管理の手間を省くだけでなく、作業時間を短縮することもできます。情報管理の作業時間を営業時間に回すことができるので、CRMシステムを導入する会社が増えているのです。

PCを操作するレディ

情報整理に役立つ

今や生活の片割れになっているスマホを用いると、誰でも簡単に通販サイトで買い物ができます。通販サイトを運営する販売側は、CRMシステムなど利便性の高いものを用いることによって顧客や販売記録のデータをとっています。

オフィス

給与計算外部委託

給与計算を代行企業に外部委託することで、様々なメリットが発生します。まずは担当者の人件費削減、コンピューターシステムの給与計算プログラムの運用、保全コストの削減に繋がります。